記事一覧

化粧品は医薬品ではない③

化粧品に含まれるサリチル酸は、皮膚科医が使っている薬の1000分の1~1万分の1程度と、非常に薄められたものです。いわば医薬品とは別のものなのです。医薬品は、何度も試験を繰り返して効果と人体への影響を証明しなければなりません。そのために承認されるのに時間がかかります。しかし、化粧品では、含有される成分の上限を設けることで人体への影響を極力少なくし、臨床試験を行わなくても商品化できるようにしているのです。つまり、化粧品のサリチル酸は、医薬品として使用されているものよりも効果は薄く、たくさん使用しても肌にあまり影響を与えないものといえます。

化粧品に薬のような効果を求めても仕方がありません。きちんと治療を受けるならば、医療機関を受診して二キビ治療を受ける方が効果的です。化粧品と医薬品は別ものですが、「医療用で使用されている成分」と聞けば、買う側としては、なんとなく安心です。また「美白」と記載されていれば、まるで本当に美白の効果があるように感じられてしまいます。もちろん、現在使われている化粧品が、ご自身のお肌に合っているものであれば問題はありません。ただし、中には、広告宣伝文句に惑わされて、逆に肌にダメージを受けるような商品を使っている人もいるので注意が必要です。

化粧品に配合されている成分は、厚生労働省で定められた方法で作られているため、本来は、人体に悪影響を与えるものはありません。ただし、スギの花粉で花粉症になるように、自然界のものでもアレルギー反応を起こす、あるいは、刺激になるものはあります。ご自身の肌を保護できるような化粧品を選んでいただきたいと思います。また、使用されていて肌荒れなどを感じたら、「美白」の二文字にこだわることなく使用することを止めてください。そんな化粧品を使い続けていたら、逆にみなさんの肌に悪影響を与えます。思い切って捨ててしまう勇気も持ってください。