記事一覧

美白神話を支える成分とは②


supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー
supreme ルイヴィトン コピー

肝斑の飲み薬は一般用医薬品としても発売されていますが、美容液の美白の成分は、医薬部外品であり効果は薬ほど期待できません。加えて、「カモミラET」は、血管の収縮作用のあるエンドセリンという成分を阻害して、炎症も抑える働きがあるとされています。この他にもいろいろ挙げれば切りがないほど、美白の成分はありました。カタカナの成分名だけでは、素人の方にはその効果はよくわかりませんし、それぞれの成分の作用を知ったうえで選ぶには時間がかかると思います。しかも、ご自身で選んだ成分が、肌に合うかどうかは、ひとつひとつ美容液を試していかなければなりません。気が遠くなるほどたいへんです。

しかし、できてしまったシミを放っておいたら、紫外線に当たって色が黒くなり、さらに大きくなるかもしれません。「美白美容液を使わなくっちゃ」「シミが増えちゃう」「使ったらシミが薄くなった気がする」。シミが薄くなったと感じられる商品に出会ったあなたはラッキーです。たくさんの中からよくその商品を見つけました。お友だちにも紹介してあげたくなるかもしれません。しかし、お友だちのシミが、あなたの紹介した商品で薄くなるとはかぎりません。個人差があるのです。また、美白成分の働きは、とっても理に適っていますが、理論通りになりにくいのが、人間の身体ともいえます。

メラニン色素は、紫外線のダメージから身を守るために欠かせません。無闇に美白の成分でメラニン色素が作られるのを阻めば、紫外線の猛アタックを受けて、がんなどの病気に結びつきます。シミの原因を完璧に排除できる薬があったとしたならば、その薬を使うことで身体に別の悪影響をもたらす。それが、医薬品の副作用です。しかし、一般に市販ぎれている化粧品や医薬部外品には薬のような効力はありません。医薬品ではないので、極端な使い方をしない限り、人体に悪影響を及ぼさないように成分などの配合上限が決められているからです。

副作用もない代わりに、効果も期待できない。それにも関わらず、「美白の成分」が含まれているというだけで、万能薬のように捉えられることに疑問を感じます。美白成分の入った商品のCMには、色白で美しい女優さんたちが登場しており、まるで美白成分の効果を表しているかのようです。その効果に期待して、消費者の方がその商品を購入して本当に美肌が手に入れられたと実感できたならば、それはそれでよいでしょう。ただし、その商品を使っても、シミが消えないという方はいるはずです。

そのとき、美白効果が得られないのは、あなたの肌がひどいからではありません。そもそもシミをキレイに消し去るほどの効果は得られないものと考えてください。「薬用美白」が悪いとはいいませんが、薬用=薬とイメージされがちなだけに、みなさんには正しい知識を身につけていただきたいと思っています。すでにいろいろな化粧品を試して、ご自身の使い心地のよさと、シミの状態の変化を確かめながら商品を選んでいる方もいらっしゃるはずです。それが正解です。言葉だけに惑わされないようにしてください。