記事一覧

スキンケアを考えるならば、保湿と紫外線防止の2つだけ②

化粧品の紫外線防止の指標となる「PA」は、UVAをどれだけ遮断できるかを示し、「PA+」は効果がある、「PA++」はより効果が高い、「PA+++」は非常に効果があるとされています。そして、「SPF」は、UVBをどれだけ遮断するかの指標で、「SPF50」という場合には、何も紫外線対策をしないでUVBを受けたときと比べて、UVBを50分の1にカットできるという意味になります。真夏の紫外線の多いときには、「PA+++」や「SPF50」を目安に効果の高い化粧品を選んでいただきたいと思います。ただ、紫外線防止効果が高いものは、その成分によって肌がダメージを受けやすいことも考えられます。

真夏といっても、海水浴場など紫外線の多い場所以外、すなわち日常生活では、「SPF20」や「SPF30」で十分だと思います。さらに、紫外線防止化粧品の基材にも幾つも種類があるのですが、先程おすすめした紫外線反射剤は、「酸化チタン」や「酸化亜鉛」、「酸化セリウム」「カオリン」「タルク」などが配合され、紫外線を皮膚の表面で跳ね返す作用があります。皮膚の中への侵入を拒むことができるのです。一方、化粧品の中には、紫外線吸収剤を用いているものもあります。「オキシベンゾン」、「t-プチルメトキシジベンゾイルメタン」、「メトキシケイヒ酸オクテル」「パルソールA」「メギゾリルSX」などの化学薬品が使われ、それらの成分が紫外線を吸収することで肌の奥への紫外線の浸透を拒むのです。

しかし、肌の表面に紫外線を取りこむことにつながるため、あまりおすすめできません。ファンデーションのなかにも、紫外線反射剤の入ったものもあるのですが、反射剤の成分の影響で白っぼく見えやすいのが欠点といえます。いずれにしても、肌にとっていいのは、外部の敵を肌の表面から侵入させないことです。「保湿」で肌のバリア機能を保ち、「紫外線反射剤」で紫外線をはじき返す。この2つこそが、肌の表面からアプローチするスキンケアでなによりも重要といえます。高価な美容液よりも、「保湿」と「紫外線反射剤」で、肌を守ることが美肌に通じると考えていただきたいと思います。