記事一覧

美日化粧品でシミは取れない②

強い紫外線は、体内で細胞を破壊するなど、人間にとっては好ましくありません。ガーゼからハンカチに侵入した紫外線をスポンジまで到達させないために、肌はハンカチにたくさんのメラニン色素を出すのです。メラニン色素は、肌の色に関係する色素です。色を左右するだけでなく、紫外線を防ぐ盾のような役割もしてくれます。強い紫外線を受けると、肌の構造ではハンカチの部分にたくさんメラニン色素ができるため、肌の色は濃くなっていきます。それが日焼けです。日焼けした肌は、秋から冬にかけて紫外線に当たる機会が少なくなると、色は薄れていきます。紫外線が少なければたくさんの盾は不要です。

ハンカチの部分で不要となったメラニン色素は、ガーゼの部分に押し上げられて身体の外に捨てられます。紫外線を浴びて、盾となるメラニン色素が作られ、紫外線が弱くなって不要となったメラニン色素は身体の外に捨てられる。そのサイクルはおよそ1か月です。これをターンオーパーといいます。ターンオーバーの機能が正常であればシミはできません。ところが、細胞が老化してしまうと体外に捨てる機能が上手く働かなくなり、メラニン色素が肌にとどまってしまうのです。しかも、細胞そのものも、老化によって正常に働くことができなくなり、必要のないいわば余分なメラニン色素をどんどん作り出すような暴走まで始まります。

メラニン色素を捨てることができない、加えて、不要なメラニン色素がどんどん作られる。その結果、ハンカチの部分からその下のスポンジの上の部分にまで、メラニン色素は沈殿しまうのです。こうなると、ガーゼの部分に押し上げて捨てることはできません。ホクロや入れ墨と同じで、どんなに洗っても、美白の化粧品を使っても、そのシミは消えないのです。つまり、美白化粧品を使っても無意味。それが老人性色素斑です。さらに、老人性色素斑がやっかいなのは、紫外線に当たると、シミの輪郭が広がるだけでなく色も濃くなり、細胞の不健康な状態を加速させます。

このような状態になった細胞は、以前の細胞とは違った顔を持ち、盛り上がったイボのようになっていくのです。これを「脂漏性角化症」といいます。皮膚科ではレーザーによる治療が盛んに行われているほどよくあるシミともいえます。老人性色素斑を放置すれば、脂漏性角化症に移行して、ひどいシミの状態になってしまう。そうなる前に食い止めることに反対はしません。しかし、肌の老化は美白化粧品では止められないのです。むしろたくさんの化粧品を使うことで、肌にストレスを与えて老化を加速させてしまうこともあります。老人性色素斑の「シミ取り」は、化粧品に期待しないでいただきたいと思います。