記事一覧

化粧品を使わなくても自然に消えるシミもある①

老化と紫外線に関係したシミについて、美白化粧品を使用しても無意味といったお話をすると、「美容液を塗ってシミが消えたという人がいます。やっぱり、化粧品でシミを消すことはできるのではないですか?」といわれることがあります。確かに、シミには幾つかの種類があり、化粧品でも消すことが可能なシミも存在しています。しかし、そんなシミは自然に治ってしまうこともあるのです。つまり、化粧品を使用しなくても消えてしまうシミです。先程お話をした老人性色素斑とは別に、単に 「色素斑」というシミもあります。

色素斑は、肌を指でかく、あるいは、身につけた時計やアクセサリーなどから受ける物理的な刺激でできます。外部から肌に刺激を与え続けることで、もともと肌にあったメラニン色素が沈着し、肌の色が濃くなるのです。外部からの刺激を止めて、肌が正常の状態に戻れば、自然に黒ずみは消えていきます。美白化粧品を使用した後に消えると、「化粧品の効果」と勘違いされやすいのですがそれは間違いです。化粧品で効果を実感しやすいのは、自然に消えるシミであるためと理解していただきたいと思います。

一方、抜け毛の後の毛穴の黒ずみや二キビの後などでも色素斑は起こりやすくなります。これを「炎症性色素沈着」といいます。「炎症性」というと、治療が必要なイメージを持たれやすいのですが、外的な刺激を与えずに細胞の再生を待つことで、これも自然に色素沈着は解消されます。つまり、色素斑については、目くじらを立てて「シミ抜き」をしなくてもいいのです。わかりやすくいえば、「老人性色素斑」がタチの悪いシミならば、「色素斑」はタチのよいシミといえます。